FC2ブログ

クタ海岸のムラスティ

昨日は、ニュピ前に行われる、ムラスティという浄めの儀式を見てきました。
海に面した村は海岸で、内陸の村は、多くは決まった場所の海岸で、湖や川の畔で行う場合もあります。
クタやサヌールのムラスティは、規模が大きく、ニュースなどでも放映されたりしています。
クタ海岸は、午後に行われるクタ村の儀式だけではなく、レギアン、スミニャック、クロボカンなど隣り合った海岸の村の儀式と、デンパサールのムラスティが午前中に行われます。
今日は午前中に行われた、レギアンとデンパサールのムラスティの画像を紹介します。
ホテルで朝食を済ませ、9時過ぎに海岸へ出ると、2ヶ所でムラスティが行われていた。
手前のレギアンのムラスティは終了直前。


帰りの行列の準備中でした。




御神体を頭に乗せた女性達が、波打ち際に行って、足を海水に浸して清めたあと、行列に加わってゆきます。
ここまではレギアン村の儀式。


レギアンの行列を見たあと、少し先で行われている、デンパサールの儀式を見に行った。
ここは、去年のムラスティで、トランス状態になった人たちが多く出たので、気になっていた。




全体の儀式はほぼ終わっている感じで、家族と思われるグループが、それぞれ海に向かって祈りを捧げていたり、頭に聖水をかけてもらっていたりしている。




海辺で遊んでいる子供達を撮ったりして、何となく、去年と同じようなペースで時間が過ぎていった。


その内、あちこちに人の塊ができはじめ、人の動きが慌ただしくなってきた。
よく見ると、周りの人に押さえられた人物を中心に人が固まっている。
ガムランの音が、去年と同じ単調なリズムを刻み始めていた。


波打ち際で僧侶に介抱される女性。


胸にクリスと呼ばれる短剣を突き刺そうとしている男性もいた。
周りを取り囲んでいるのは、白いサロンを巻いた僧侶達だが、かなり冷静にことの成り行きも見ているように思えた。


中には踊り出す女性もいる。
かなりの人数が、トランス状態に陥っていたようだが、10-15分くらいですべておさまり、儀式は本来の順序に従って進み始める。




これは、幼い女の子が、父親に水辺から引き戻されようとしているところ。
少し戻っては、父親の手を引っ張って水辺に戻っていこうとしていた。
これを、何度も何度も繰り返すので、周りの人たちの笑いを誘っていた。


最後は、何事もなかったように、行列を組んで、車道に待機しているトラックの荷台に詰め込まれ、デンパサールへと戻っていった。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント