FC2ブログ

ブルガリア:1968年シリーズ

国名:ブルガリア共和国 Република България(Republic of Bulgaria)
通貨単位:1Lv(レフ)= 100stotinki(ストティンキ)

シリーズ構成:単片5種
発行年月日:1968年8月26日

スコットカタログ:#1701 - #1705
スコット・カタログでは上記の日付になっているが、それ以前の消印のあるカバーも存在するようで、はっきりした発行日は分かっていないようだ。

かなり小型の、単色刷の地味な切手だが、独特な雰囲気があって好きな切手の一つです。

ヨーロッパミヤマクワガタ Lucanus  cervus  (Linnaeus,1758)
ヨーロッパでは数少ない大型の甲虫で、甲虫の中では、良く切手に登場する種類です。
シリア付近のものが、最も大型になるようです。

オウサマイボハダオサムシ Carabus  scabrosus  Olivier,1795
特に大型のオサムシ類として知られる仲間で、ヨーロッパ南東部から中東にかけて、少数の種類が分布する。
切手の印面には Procerus 属の種名が記されていますが、現在は Carabus 属の亜属とされているようです。

ニジカタビロオサムシ Calosoma  sycophanta  (Linnaeus,1758)
オサムシ類の中では、最も良く図案に採用されている種類。
比較的広い分布域を持つように思われます。

ヨーロッパサイカブト Oryctes  nasicornis  (Linnaeus,1758)
ヨーロッパに分布する数少ないカブトムシの仲間。
サイカブトに近い仲間です。
この種類も、ヨーロッパの切手には時々登場します。

ヤママユガ科 Perisomena  caecigena  (Kupido,1825)
ヨーロッパ産のヤママユガの仲間は、最大と言われるオオクジャクヤママユでも、日本のエゾヨツメほどのサイズのようで、日本のヤママユガのように大型のものではないようです。

Bulgaria:26-8-1968
Bulgaria 26.Aug.1968(初日印)、5種完貼の初日カバー。
カシエにヨーロッパミヤマクワガタ。

St-Zagora:4-3-69
ミヤマクワガタと建物図案の切手を貼付した、アメリカ合衆国宛実逓航空郵便。
St.Zagora 4.Mar.1969 差出、アメリカ合衆国ワシントン宛。航空郵便、61st貼。

St.Zagora(スターラ・ザゴラ):ブルガリア中南部の都市。地元の商工会議所によれば、8000年の歴史を持つ、ヨーロッパで最も古い町のひとつだといわれている。スタラザゴラは有名なビールの名前にもなっている。

初日カバーと実逓便の画像を追加しました。(2020年2月17日)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント