FC2ブログ

クタ海岸の枯木と突堤

1999年に、クタ海岸で撮影した写真です。
いつごろからかは定かではありませんが、今、ディスカバリー・ショッピングモールがあるあたりに、コンクリート製の突堤がありました。
使用目的も分かりませんが、付近の海は深さが浅く、大きな船が横付け出来るような状態ではありませんでした。
これもいつの間にか取り払われてしまいました。


この頃は、まだ、かなりの幅で砂浜が残っていました。


もう一つ、海岸にあった大きな立枯です。
この木が生えている場所は、以前は波打ち際から、かなりの距離があったのですが、この頃はバリ島全域で起こっている、海岸の後退のために、根元が波で洗われるようになり、海水の塩分のために枯れてしまったようです。
このあと、何年か残っていましたが、毎年見るたびに、細い部分から朽ちていって、最後は幹の中程から折れてしまい、2-3年後には伐採されてしまいました。
スポンサーサイト



コメント

No title

コメントありがとうございます。
この頃はあまり感じませんでしたが、環境の変化はかなり前から起こっていたように思います。

No title

1999年に写された写真なのに古い感じがなくてすごいですね。
ムラサキの空がステキ
木が塩害で枯れるとは知りませんでした。
海岸の後退?環境問題はどこでも迫ってきているんですね!
非公開コメント