FC2ブログ

プランチャック寺院

バリ島西部のヌガラに近い、プランチャック村を散策しました。
朝8時にウブドを出発して、約4時間ほど。


到着したときに、お寺の門前で、新しいバイクのお清めをしていました。
ちょうど儀式が終わったところのようです。


お寺の門のすぐ前にあった、お寺の名前が、アルファベットとバリ語で書かれた表札。
一番下の、ジュンブラナは、この村が所属する県の名前です。


お寺に入るのには、バリ人と同じ正装でなければいけないのですが、サロンと帯を巻いていればよいと言うので、中に入れていただきました。
前庭から中門を見たところ。
比較的小ぶりなお寺で、最近建て直されたもののようでした。


日本のお寺の鐘楼にあたるバレ・クルクル。
全体に、かっちりとした感じの装飾が施されています。
ウブド周辺のお寺と比べて、輪郭がきっちりとしている感じです。


中門をくぐると、奥の聖域にゆくための、三つの門と階段があります。
真ん中の門は神様が通るので、基本的に締め切られたままになっています。
オダランの時は、左側から入って、お清めを受けた後、右側の門から出てきます。
通常は左側の門だけが開かれています。


門の左右に、雌雄のワニが置かれていました。
あまり見たことがないものです。
村は河口に位置しているので、昔は生息していたのかも知れません。


神聖な蛇ナーガの装飾が施された建物。
小ぶりな建物ですが、精緻な総称がなされています。
これを囲むように、五つの建物が配置されています。


ナーガが祀られた祠。
これも初めて見るものです。


前庭の片隅にあった井戸。
海岸に近いので、蛇口部分の金属が腐食しています。
次回は、漁港に停泊している、伝統的な漁船を紹介したいと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント