FC2ブログ

シロモンクロシジミ

一昨日、モンキーフォレスト通りに面する、サッカー場の周囲の緑地で、植栽された木にハゴロモの幼虫が、大量に発生しているので見ていると、シロモンクロシジミが近くにいるのが見つかった。
探してみると、10数頭見つかって、羽化殻と思われるものも数個見付けることが出来たので、昨日、蛹を探す目的で撮影に行ってみました。
羽化殻と、羽化していない蛹を合わせて、20個体分ほどの蛹を見付け、撮影も出来たので画像を紹介します。






上から蛹の正面と側面、ハゴロモ類の幼虫の群れの中にあった蛹。
写真の左上の方に、食痕と思われる、ロウ状物質のはがれた跡がある。


羽化後間もないと思われる成虫、すぐ右側に羽化殻が見られる。


幼虫のホストと思われるハゴロモの成虫。
日本のアオバハゴロモに近いと思われる種類です。
サイズも同じ位です。

シジミチョウ科:Lycaenidae
シロモンクロシジミ Spalgis  epius  (Westwood,1851)
国内分布:西表島・波照間島・与那国島・石垣島
国外分布:India・Sri Lanka・Peninsular Malaya・Nicobars・Mergui・S.Yunnan
Webによると原亜種を含め9亜種が知られる。
まだ卵と幼虫を撮影していないので、探してみようと思っています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント