FC2ブログ

ブリンビン村の棚田と昼食

プリンビン村の棚田を紹介します。
同じ棚田を去年も載せているので、コメントは少しだけです。






同心円状に耕作されたきれいな棚田ですが、年ごとに土の流出による、痛んだ部分が広がっているように思います。
2枚目の写真の中央に見える小屋は、農作業のための作業小屋で、すぐ横に睡蓮の池があります。




これは棚田の上の方にある作業小屋。
このあたりの作業小屋は、雨よけのためか、片側に屋根が伸びた形のものが多いようです。


この棚田を見下ろす、道路脇にある「ワルン・マデ」、後ろに見えるのは「ワルン・タピ・サワ」。
どちらも同じような値段ですが、棚田を見ながら食事をするのでしたら、ワルン・マデをおすすめします。
どちらも、観光地価格で、やや高めの値段設定ですが。
この日は天候は雨で、あいにくでしたが、その分、棚田はきれいに眺めることが出来ました。






こちらは、翌日に昼食を食べた「ワルン・プルナモ」。
さっきの棚田より、1-2kmほどタバナン寄りにあります。
棚田の眺望はないですが、食事は安く、味も比較的美味しいです。
こちらで食事をして、さっきの棚田では、コーヒーでも飲みながら、風景を楽しむのがよいように思います。
ちなみに写真の食事は、スペシャル・イカンバカールのセットで、1人から5人位までのセットが用意されていて、1人だと5万ルピア。
人数が多くなれば、割安になる値段設定で、小さなミネラルウォーターが付いてきますので、水で済ましても良いし、オプションの飲物も5000-10000ルピアほどのローカルな価格です。
魚は小さなもので、商品になりにくい大きさのものを使っているようですが、味は同じなので、その分安い値段にしてあるようです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント