FC2ブログ

バリ島で撮影した植物:マメ科(続き)

マメ科植物の続きです。

P3070673.jpg
ウブドの街中でよく見かける、木本性のマメ科で、園芸植物です。
庭先に植えられていることが多いものですが、の黄色いタイプもあって、そちらのほうが多く見られます。

P3070818.jpg
「オジギソウ」マメ科の植物で、数少ない、名前の分かったものです。
道端に普通に見られる雑草で、触ると、見ている間に葉が閉じて垂れ下がってゆきます。
の直径は2cm.程で、形はネムの仲間に似ています。
ウブドのビスモ通りで撮影しました。

P3101598.jpg

P3101599.jpg
バリ島中部の、棚田で有名なジャティルウィ村で撮影したもので、あぜ道に生えていました。
草本ですが、何となく、木本ぽい雰囲気もある種類です。
つぼみとマメざやが同時に見られました。
びらの外側が赤いので、つぼみは赤く見えます。

P3142815.jpg
これも道脇や、あぜ道などで見られるもので、濃い赤紫のをつけます。
日差しの強いときには、ほとんど黒っぽく見えます。
まだ豆ざやを見ていませんが、の無いときには気付いていないだけかも知れません。

P3163291.jpg
大型のつる性の種類で、葉やの形は違いますが、何となくクズに似た雰囲気があります。
ビスモ通りなどで、駐車場脇の藪のようになった所に生えていることが多いです。

P3163304.jpg
今のところ、カジェン通り奥の、水田の散歩道のあたりで見つけただけです。
灌木状の木本性のもので、かなり大きな花をつけます。

次回もこの続きで、何種類か写真を紹介します。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント