FC2ブログ

バリ島で撮影した植物:マメ科(その3)

バリ島で撮影したマメ科植物の3回目です。

P3232208.jpg
バリ島ウブドのカジェン通り奥に続く、水田の散歩道で撮影したものです。
道端に生えている、雑草的な種類だと思います。

P3265505.jpg
トヤブンカ周辺の、溶岩原でよく見かける種類で、ごく普通に見つけることが出来ます。
昆虫が好む植物のようで、葉やがかじられていることが多く、なかなかきれいな状態では見られないです。
この写真でも、の部分に、ハムシ類と思われる甲虫が写っています。

P3296706.jpg
木本性の種類で、ネムノキの仲間です。
トヤブンカ村から、バトゥール山の登山道に入り込むと、道沿いはほとんどこの種類で、非常に植生が単調になります。
ネムノキの仲間では、比較的大きなが咲きますが、わずかずつ咲いてゆくので、写真で見るように、非常に地味な印象のです。

P3314779.jpg
これもネムノキの仲間で、白いの咲く種類です。
トヤブンカ村から、ソンガン村にかけて、集落の周辺でよく見られます。
あまり林の中にはないような印象があります。

P3314828.jpg
トヤブンカ村の、ジオスポットの一つ「グアラバ」近くの畑の脇で見つけた種類です。
草本のマメ科としては、非常に大型の種類で、のサイズもかなり大きなものです。
今のところ、他では見つけていません。

P4133951.jpg
ウブドの南にある、ニュークニン村で見つけた種類で、ホテルの敷地のわきにあったものです。
木本性の種類で、植えられたものだと思います。
他では見たことがありません。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント