FC2ブログ

マリ共和国:1979年シリーズ

国名:マリ共和国 République du Mali(Republic of Mali)
通貨単位:1F(フラン)=100c(サンチーム)

シリーズ構成:単片5種
発行年月日:1979年10月15日

スコットカタログ:#348 - #352

マリ共和国:
西アフリカに位置する共和制国家。
西をモーリタニア、北をアルジェリア、東をニジェール、南をブルキナファソ、コートジボワール、南西をギニア、西をセネガルに囲まれた内陸国。
首都はバマコ。
国土の北側3分の1はサハラ砂漠の一部であり、ほぼ中心を流れるニジェール川沿岸に農耕地が広がる。
この年と、翌年に各5種の蝶切手のシリーズが発行されるが、図案が稚拙で、かろうじて何の仲間かが判断出来る程度。
基本的には、切手に印刷された種名に従ったが、分類的な扱いが変更されている場合には、コメントをつけました。

Mali:1979-1
ホシボシキチョウ Eurema brigitta (Cramer,1780)
東南アジアまで広く分布する種類だが、図案からは、この種類かどうか判断出来ないため、印刷された種名をそのまま採用しました。

Mali:1979-2
アカネタイマイ Graphium angolanus (Goeze,1779)
アフリカに分布するアゲハチョウだが、印刷された種名は、シノニムとなっているようなので種名を変更しました。
属名変更とシノニムによる種名の変更。Papilio pylades → Graphium angolanus

Mali:1979-3
ウスイロコノマチョウ Melanitis leda (Linnaeus,1758)
東南アジアから広く分布する種類で、迷チョウとして日本本土で採集されることもある種類です。
日本では南西諸島の記録が多いようですが、土着に関しては南西諸島を含め、疑問視する研究者が多いようです。
図案としては、コノマチョウ類の特徴は出ているようです。

Mali:1979-4
ヤママユガ科 Gonimbrasia  occidentalis  Rougeot,1955
切手には G. belina  occidentalis と、亜種として印刷されているが、種に昇格しているようなので種名を変更しました。G. belina  occidentalis → G. occidentalis
実物の画像と較べると、微妙な感じですが、成否を判断出来る図案ではないので、このままにしておきます。

Mali:1979-5
アフリカチャイロヤママユ Bunaea  alcinoe  (Stoll,1780)
これも実物は、黒っぽくてかなり格好がよい種類ですが、図案はかなり微妙です。
この図案の出来だと、ほとんどのヤママユガ科の種類の名前に当てても通用しそうな感じです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント