FC2ブログ

古峰ヶ原の昆虫類

だいぶ間が空いてしまいましたが、8月17日に撮影した、古峰ヶ原の昆虫類の写真を紹介します。

P8172023.jpg
ヒトリガ科:Arctiidae、ホシオビコケガ Aemene  altaica  (Lederer,1855)
地衣類などの生えた、道脇の斜面で見つけました。
この仲間は地衣類やコケ類を食べるものが多く、木の幹・石垣などで見つかることもあります。

P8172040.jpg
カミキリムシ科:Cerambycidae、クワサビカミキリ Mesosella  simiola  Bates,1884
細い倒木の幹に止まっていました。
普通は、比較的新しい細枝で見つかることが多いです。

P8172045.jpg  
カミキリムシ科:Cerambycidae、ニイジマトラカミキリ Xylotrechus  emaciatus  Bates,1884
林の中の倒木上を歩いていたものです。
このあと同じ倒木で、もう1頭見つかりました。
じっとしていないので、薄暗い場所で撮影には苦労しました。
丘陵地などに多い種類です。

P8172053.jpg
カメムシ科の一種。
小型の種類ですが、あまり見かけない大きさです。
色もはっきりしているので、すぐに種名が判るかなと思いましたが、今のところ不明種です。
道脇の笹の葉上にいました。

P8172061.jpg
カミキリムシ科:Cerambycidae、ツシマムナクボカミキリ Cephalallus  unicolor  (Gahan,1906)
針葉樹の立ち枯れに止まっていたものです。
左後肢が付け根付近から折れて無くなっています。
この日は、他に見つけた種類でも、破損している個体が多いように思いました。

P8172068.jpg
デオキノコムシ科:Scaphididae、アカバデオキノコムシ原亜種 Episcaphium  semirufum  semirufum  Lewis,1893
多孔菌類の裏面で、何頭か見つかりました。
微妙にじっとしていないし、薄暗い場所だったので、撮影に手間取りました。
あまり良く写っていないと思います。

P8172070.jpg
カマドウマ科:Rhaphidophoridae
被さっていた樹皮をどけたところ、その下にじっとしていました。
最初は横を向いていたのですが、カメラの準備をしている間に、向こうを向いてしまいました。
この日、撮影出来たのはこのくらいでしたが、久しぶりの散策だったので、それなりに楽しめました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント