FC2ブログ

「不思議の国のアリス」展

先日、横浜そごうのそごう美術館で開催されている、「不思議の国のアリス」展を見てきました。
会場は三つに分かれていて、最初の部分は、ルイス・キャロルがアリスの物語を書くに至った経緯と、各国で発売された、古い絵本、最初の版に使用されたジョン・テニエルの挿絵の下絵、ルイス・キャロルの画帳などが展示してあるコーナー。
二番目は、現在活躍中の数人の挿絵画家による、アリスの物語の原画を展示してあるコーナー。
最後は、各国(日本人が多い)の芸術家による、アリスをテーマにした作品で、ディズニーアニメ関連の資料や、フランスの著名な女流画家マリー・ローランサンが挿絵を描いた絵本。スペインのサルバドール・ダリが挿絵を描いた絵本なども展示してありました。
撮影出来たのは、二番目のコーナーだけでしたが、何枚か紹介します。
期間は11月17日までなので、間もなく終了します。

PB092459.jpg
トランプとウサギを配したディスプレー。
下の方に小さな扉もつけられています。

PB092470.jpg
「シロウサギとアリス」ヘレン・オクセンバリー(イギリス)

PB092471.jpg
「立って暗唱してみなよ」ロバート・インペン(オーストラリア)

PB092463.jpg
「鏡の国の昆虫たち」ジャン・ヴァーノン・ロード(イギリス)

PB092468.jpg
鏡の国のイメージ?
第3コーナーへの入口にあります。

PB092474.jpg
横浜駅への、上り階段の上にある、時計をはめ込んだクリスタル・アート。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント