FC2ブログ

カワラタケ

サルノコシカケ科
カワラタケ Coriolus  versicolor  (Fr.)
ウィキペディアによるとTrametes属
分布:世界的に広く分布
平地から低山地にかけて発生し、標高の高いところには分布しないと思われる。
立枯・倒木・切り株・落ち枝など、様々な状態の枯木に発生するが、やや乾燥気味のものに多く、湿り気の強い枯木にはあまり生えないように思う。
青味を帯びた灰色から茶色味の強いものまで、様々な色彩のものが見られ、時には同じ株に様々な色彩のものが混じり合うこともある。
普通に見られるものだが、写真に撮ると幾何学模様的な面白味があり、きれいな株を見つけると必ず撮影する種類だ。
がんを抑える効果のある物質を含むとかで、医療的にも注目されているようだ。
地方によっては煎じて飲んだりもするらしい。

横浜市の三ツ池公園で撮影、やや茶色実を帯びる。

小田原市の入生田で撮影、やや若い状態で灰色をしている。



上の3枚は新宿御苑で撮影、やや青みがかったものと灰色に褐色の筋が入ったもの。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント