FC2ブログ

奥利根湖:花・昆虫など

やっと雨が上がりました。
気温は21℃。
今日は奥利根湖の続きで、たまたま見かけた花などを紹介します。

ボートから見えた雪渓。
湖面に接した場所でもかなりの厚みがあります。
内側が融けてドーム状になっています。

イワウチワ、イワカガミの仲間で、林床の斜面にまとまってみられました。
スポット状に群落を作っています。

カタクリです、6月にカタクリの花が見られるとは思っていませんでした。
雪渓のへりに小さな群落を作っていました。

キスミレ、昔、木曾御岳でみたことがありますが、写真は初めてです。

キクザキイチゲの青花のようです。
花びらの数が少ないので調べましたが、花びらの少ない個体もあるようです。
ここで見られたものはすべてこのようなタイプでした。

エンレイソウ、花の部分を逆光で写してみました。
地味な花で山地帯でよく見られます。

ブナ林の林床に生えていた小さなキノコで、名前は不明です。
小さな群落を作っていて黄色が鮮やかでした。

スギタニアオシャチホコだと思います。
毛深くて、翅の合わせ目に特徴的な黒紋があります。
まだ緑が淡くて、いかにも新緑という感じでした。
山菜採取に良い感じの状態でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント