FC2ブログ

トヤブンカ村の夜明け

今年の4月4日から4月10日まで、トヤブンカ村に宿泊しました。
そのときに撮影した夜明けの写真です。
数日分が混じり合っています。
毎年5日から7日ほど滞在していますが、今年は比較的地味な感じで、特に見事な夜明けには当たりませんでした。
ここの観光のメインは、バトゥール山のトレッキングと温泉で、村営の温泉のあった場所には、リゾートホテルが出来ていました。
今は隣接した場所に、新たに有料の温泉施設が出来ていて、村の中にも民間の温泉が出来ていました。
村営のものよりも低料金なので、なかなかの繁盛ぶりのようです。
夜明けの風景は、バトゥール山のトレッキングとセットで、山頂付近で御来光を見るというのが普通ですが、山登りは苦手なので、毎年、湖の周辺で写真を撮っています。


バトゥール湖の湖畔の民家です。
前に書いた増水のために、右側の草地まで水をかぶっています。
後ろは外輪山が見えていますが、薄い雲がかかっています。






湖対岸の外輪山の夜明けの風景です。
運がよいと背景の雲が真っ赤に映えるのが見えます。


湖と外輪山。
手前の薄い霧状の雲が、尾根の低いところから射してくる光で、淡い光芒のように浮かび上がります。


日の出の瞬間、外輪山の高さがあるので日の出は7時過ぎで、赤い日の出は見られません。


日の出直後の湖の風景、太陽の輝きは、すでにかなり強いです。

湖上に高く昇った太陽、雲が厚いと雲を通して太陽が映し込めます。
手前にあるのは養魚用の筏です。

早朝は風が弱いので、山が湖面に逆さに映り込むのが見られます。
右側の高い峰はバトゥール山塊で最高標高のアバン山です。

きれいに晴れ上がったときにしか見られませんが、日の出の直後にバトゥール山が赤く焼けるのが見られます。
観光地と行ってもトレッキングがメインで、夜明け前の登山になるので、前の夜に到着して1泊か2泊の短期滞在がほとんどです。
日帰りで温泉だけという旅行者も、かなり増えています。
最近はもう少し長く滞在する旅行者も、増えてきているようですが。
ベストシーズンは6-9月の乾季の期間で、東風が吹くと歩いていても汗をかかないほどの涼しさです。
夕方から朝にかけてはかなり冷え込むので、セーターかジャケットは1枚あった方がよいと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント