FC2ブログ

バリ島の昆虫:スンダハレギチョウ

今のところバリ島でこの種類は、ウブド郊外のチャンプアンの尾根道以外では、見つけることが出来ていません。
個体数は少なくはないようで、多いときは10数頭ぐらい見ることが出来ます。
ただ、一度に複数の個体を見ることは稀だし、飛びすぎて行く個体が多いので、なかなか写真を撮る機会に恵まれません。
斜面に生える木の花に来ているのを見たが、木が高いのと枝が谷側に張り出しているのとで、近づくことが出来なかった。
食草がトケイソウの仲間で、尾根道にも生えているが、幼虫が見つからないので、斜面のどこかで発生しているのだろうと思っています。
たまたま2度チャンスがあって写真を撮ることが出来ました。
他の地域でもいるはずなので、どこでもあまり個体数が多くないのか、時期が適当でないのか、どちらかだろうと思っています。


とりあえず近づく前に一枚写しました。割ときれいな♂の個体です。

接近して写すことが出来ました。

帰りに見つけたかなり痛んだ♀、とりあえず1枚写しました。

別の日に写したややきれいな♀、黒い部分が少しすれています。
一度、翅の裏面を写すチャンスがあったのですが、後ろをハイカーが通過したためにチャンスを逃してしまいました。

スンダハレギチョウ Cethosia  penthesilea  (Cramer,1777)
分布:いくつかの亜種に分かれているようだが、それらを含めて東南アジアからオーストラリア区まで広く生息する。
食草:トケイソウ類



道ばたに咲いていたトケイソウの花、上がチャンプアン、下がビスモ通りで見つけたもの。
下の方がやや大きい。
ブドグルの奥のタンブリンガンに行ったときに、林の中でもっと大型の花が落ちているのを見つけましたが、どこに咲いているのかは見つけられませんでした。
トケイソウはトヤブンカでも見つけたことがあります。


タンブリンガン湖の林の中で見つけた落花、普通に見かけるものよりかなり大型。
付近を探したが株は見つからなかった。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント