FC2ブログ

ニホンミツバチの巣箱

だいぶ前のことですが、1995年に高知県に行ったときに、山道の横に小さな祠のようなものが、たくさん置いてあるのを見つけました。
そのときは、それが何か判らなかったのですが、宿に戻ってから、同行の方にうかがったところ、ニホンミツバチの巣箱とのことでした。
その後、西日本に旅行するときに気を付けていると、あちこちに結構あることが判りました。
写真は初めて見たときのものです。
山道とはいっても、海からそれほど離れていない場所で、丘陵地帯といった標高です。


大きさは、玄関にある郵便受けぐらいの小さなもので、路肩のくぼみや岩の平らなところに無造作に置かれています。
セイヨウミツバチの長方形の箱のようなものと比べると、地方的な趣があって、なかなかの風情です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント