FC2ブログ

フクラスズメの幼虫

虫好きの人たちも、あまり好きな人はいないように思いますが、写真の被写体としてはなかなかの存在です。
茨城県坂東市付近で撮影。
普通はカラムシを食害していることが多いのですが、ここではシロネについていました。

やや小型の幼虫です。

シャチホコガのような格好で静止していた個体で、上の写真の個体よりはやや大型の個体です。


終齢と思われる大型の幼虫です。
この白っぽい色の個体は、すべて終齢幼虫と思われる大型のものでした。

ヤガ科
フクラスズメ Arcte  coerula  (Guenée,1852)
国内分布:北海道から八重山諸島まで広く分布
国外分布:台湾・中国・インド・オーストラリア
食草:イラクサ科を中心にアジサイ科、クワ科など。特にカラムシに多い。
大型のヤガの仲間で、春から夏にかけて発生、西日本では冬にも発生する。
幼虫は刺激を受けると、激しく体を震動させて、威嚇行動と思われる行動を起こす。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント