FC2ブログ

アシナガモモブトスカシバ

スカシバガの仲間は、ハチの仲間によく似た、変わった形のものが多く、好きなグループです。
ただ、あまり見る機会が少ないので、ほとんど写真を持っていませんでした。
9月12日にに千葉県小見川で「アシナガモモブトスカシバ」を撮影できたので、紹介します。
モモブトスカシバによく似ていますが、脚が後方に長く伸びているのが特徴です。
河川敷のオニグルミの葉上に静止していたものです。


残念ながら、写真を撮った後、採集できずに逃げられてしまいました。
千葉県香取市小見川、2012年9月12日撮影。
後肢に、非常に特徴的な毛束があります。
小型の種類ですが、見つけたときのインパクトは大きいです。

スカシバガ科
アシナガモモブトスカシバ Macroscelesia longipes yamatoensis Arita,1992
分布:本州・九州
食草:ゴキヅル
幼虫はゴキヅルに虫こぶを作る。
成虫は飛んでいるものの他、葉上に静止していることが多い。
時に訪花して吸蜜することもある。
スポンサーサイト



コメント

No title

ありがとうございます。この仲間は、蛾類とは思えないような姿が魅力的です。
奇妙なグループで、最近フェロモンによる誘引剤で、多くの種類が採集できるようになってきました。
東南アジアなどでは、新しい種類が、次々と発見されています。

No title

nice
非公開コメント