FC2ブログ

エビイロイチモンジの幼虫と蛹

前に蝶の幼虫2種を紹介した中で、エビイロイチモンジの終齢幼虫の画像を乗せましたが、その後、同じ食草で、若齢幼虫と蛹を見つけたので紹介します。
若齢幼虫は集団を作ることも確認できました。(その後、幼虫の集団は、エビイロイチモンジとは関係ないことが分かったので訂正します)




この2枚は4月20日に撮影。
多分、2齢幼虫に近い1齢幼虫(赤っぽい個体)。
黒くて大きいのは2齢幼虫と思われます。
長い毛がまばらに生えて、白くて丸い斑紋が並ぶ。




4月22日に撮影。
葉の裏面、先端部分に横に並び、餌を食べている。








4月20日に撮影、以前に見つけた終齢幼虫2頭分の蛹が見つかった。
知人のメールでは、金色とのことだったので、すでに寄生されているものと思われます。
22日に確認したところ、1頭はまだそのままで、もう1頭は中が空になっていた。
周辺で、成虫も見られるので、特定のサイクルはないものと思われます。
同じブログで紹介した、ワモンチョウ類の幼虫は、1頭だけになっていた。
形はそのままで、体長は10cmを超える大きさになっている。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント