FC2ブログ

裏高尾散策

昨日、割と天候も良かったので、高尾山麓のウスバシロチョウを撮影しようと、八王子市の裏高尾町付近を散策。
高尾山の本体は、ハイカーによる渋滞が予想されたので、高尾山口駅までは乗らずに高尾駅で下車。
甲州街道を高尾山方面へ行き、JRのガードを越えたところから、小仏峠方面へ右折。
川沿いにある梅林の散策路をぶらぶら。
最初に見つけた個体は、♀のような感じで、盛んに地面に止まろうとしていました。
2コマほど撮影した時点で、飛び去ってしまう。
梅林の入口あたりは、割と飛んでくるが、時間帯のせいもあると思われ花に関心を示さない。
それに、梅林周辺に、ハイカーが立ち入らないように、ロープを張ってあるので、自由に追いかけても行けない。

最初に見つけた個体。
角度が悪いので、横から撮ろうと場所を変えたら飛び去られてしまった。
最初は蝶も少なく、花などを撮影しながら歩く。

クサノオウ。
あちこちに群落があり、花の状態もまあまあ。

セリバヒエンソウ。
小さいが、色合いがきれいなので好きな花。
これもあちこちに群落を作っていた。
人が持ち込んだものと思うが。

オドリコソウ。
林の中の、少し薄暗いところに生えている。
地味だが花の形は面白い。

一輪だけ咲いていたアケビの花。
日だまりに、何となく可憐な面持ち。

モンカゲロウが沢山発生していたので、逆光気味で撮影。
沢沿いの道で、植物の葉裏に静止している。

駒木野公園脇で、ヒゲブトハナムグリの♂を発見。

公園脇の沢沿いに、見事なフジの花が咲いていたので撮影。
ちょうど満開で、花もきれいな状態。

アサヒナカワトンボと思うが。
羽化したばかりの個体で、体のメタリック感がすごい。
成熟してくると、粉をふいたようになるので、少しつや消し状の光沢になる。

川沿いの植物の葉裏にいたカワゲラ類の交尾個体。
カワゲラは何種類かみかけたが、種名はさっぱり分からない。

最後に、サクラの大木の樹幹を見てみたら、ご覧の通り。
ヨコヅナサシガメの成虫が、羽化の真っ最中で小さな集団を作っていた。
まだ幼虫も混じっている。
横浜など平野部では各地で見られるが、こんな山の中まで進出している。


JRのガード付近から、沢を撮影。
こちらは浅川ではなく、線路沿いに込縄方面から流れ込んでいる。
10時過ぎから歩き始め、3時頃までぶらぶら。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント