FC2ブログ

キアシナガバチとシャクガ科幼虫

数日前に撮影した、キアシナガバチがシャクガ科の幼虫を解体する現場です。
かなりグロテスクな場面なので、苦手な人はご遠慮下さい。

昭和記念公園の西立川口を出て、荷物を片付けるために、ベンチに座ろうとすると。
何か棒のようなものに食らいついている、キアシナガバチがベンチの上にいるのを発見。
よく見るとシャクガの幼虫にかぶりついている。

盛んに咬み傷を付けている。
幼虫は死んでいるようで、棒のように硬直して動かない。

切り離した幼虫の頭部をくわえたまま、しばらくじっとしている。
体液を吸っているようにも燃える。


時々、くわえた肉片を小刻みに振り回している。


同じ行動を繰り返していたが、最後の写真を撮った直後に飛び去った。
幼虫の腹端も、噛み切られたようになっているので、かなり前から同じことが繰り返されていたのかも知れない。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント