FC2ブログ

赤と青のオオルリハムシ

オオルリハムシは、ドロノキハムシと並んでもっとも大型のハムシで、シロネを食草とする。
関東では上翅の大部分が赤銅色で、周辺と前胸の背面が緑色を帯びる。
先日、宮城県を訪れた際に、東北地方を中心に分布する、青藍色の個体を撮影できたので紹介します。






関東で見られる赤いタイプの個体。
上から千葉県利根川河川敷・茨城県霞ヶ浦・渡良瀬遊水池。

宮城県で撮影。
オオルリハムシの幼虫。



宮城県で撮影。
♀は♂に比べて背面の点刻が強く、♀の方がやや緑色を帯びる。
大型の種類のため、離れた位置からもよく目立つ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント