FC2ブログ

四季の森公園8月14日:その3

四季の森公園の第3回目です。
昆虫と花の写真を紹介します。

スキバツリアブ、産卵中の♀だと思います。
今、個体数の多い時期のようで、河川敷などでもよく見かけます。
暑い時間帯に元気な昆虫の一つです。

オンブバッタ、普通種ですが、あまり写真を持っていません。
これから多くなるので、少し写真を増やそうと思います。

ルリモンハナバチ、美麗種でよく見かけるが、動きが速く3コマだけ撮影できた内の1枚。
OM-Dのオートフォーカスの早さに感謝。


ヤマトシリアゲ夏型の雌雄。
春ほど個体数が多くはないが、それでも結構見られた。

林縁をすごい速さで飛んでいた、狩りバチの一種。
何かを抱えているように見えたので、しばらく粘って2コマだけシャッターが切れた内の1枚。
ウスイロササキリと思われる種を抱えていた。
ネットで検索した所、ヒロズハヤバチがヒット。
先日、紹介したオオハヤバチ(エグリアナバチで紹介)と共に、ケラトリバチ科に含まれる。

種名はまだ判っていないが、すごく細長いシャクガの幼虫。
体長は3cm.ほど。

センニンソウの花。
入口近くの池の周りに多く見られた。

ガガイモの花。
以前、近所の緑地帯で見つけたが、草刈りで取り払われてしまった。
その後撮影の機会がなかったが、ここで見つかったので何枚か撮影。
下の方に写っているハエは、ツマグロキンバエの仲間と思われるが、小型で黒っぽく、あまり見かけないタイプの種類。
少し調べてみたが、まだ名前は判っていない。

モンキゴミムシダマシ、これだけ公園の外で撮影。
中山駅から公園へ来る途中の、街路樹に堅いキノコが生えていて、それに多数の個体が集まっていた。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント