FC2ブログ

9月9-11日の鶴見川:蝶類・ハエ・アブ

9月9-11日にかけて、鶴見川沿いを散策したおりに見かけた昆虫類。

植栽されたコスモスに飛んできたアオスジアゲハ。

ツマグロヒョウモン♂。
このところ、よく見かけるようになった。

ヒメアカタテハ、このチョウが増えてくると秋を感じます。
以前は秋にならないと見られなかったが、最近は初夏の頃から、時折見かけることができる。

ベニシジミ、新鮮な個体で新成虫と思われる。

ウラナミシジミ、秋を感じさせるチョウ。
房総半島の南部では、真冬でも見られるようだが、横浜の市街地などでは、秋にならないと、なかなか見かけることがない。

イチモンジセセリ、今、個体数の多い時期だが、この種類に変わって、チャバネセセリが増えてくると秋も深まった感じがする。
♀が盛んに、路傍のイネ科植物に産卵するのが見られる。

ホソヒラタアブ、普通に見られる種類で、各種の花に集まる。

ミナミヒラタアブと思われる。
ホソヒラタアブより小型の種類で、個体数も多い。
イネ科の花に来た所。

ニクバエの仲間。
このグループはよく似たものが多く、種名を確定できない。
いつでも個体数が多い。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント