FC2ブログ

舞岡散歩12月4日:谷戸の小道と木の実など

雨が降り始めてきました。
気温は8℃、最高気温は9℃の予報なので、寒いままで一日過ぎそうです。
舞岡公園の続きで、見つけた木の実などを紹介します。

順番が前後しますが、公園の入口近くの、右手の斜面を見上げた所。
秋枯したコナラの葉と、木柵が、何とはなく良い雰囲気。


小谷戸の里近くの、谷沿いの小道に沿って多く見られたマユミの実。
葉も赤く染まってなかなかにきれい。
ニシキギ科に属するようで、紅葉を見るとなるほどと思う。

小谷戸の里を見渡せる当りにあったススキの枯れ穂。

水田脇にあったクズの実。
長く堅い毛で覆われていて、独特の雰囲気を持つ。

生け垣に咲いていたヒイラギの花。
小さくて地味な花だが、これを見かけるようになると冬が近いことを感じる。

小谷戸の里入口にあったノササゲの実。
紺色の大きな種と、紫を帯びたさやが面白い。

これも同じ場所で見つけた、トキリマメの実。
最初に真っ赤な豆ざやを見つけた時はびっくりしたこともあったが、気をつけるとあちこちで見つけることが出来る。

水田脇の散歩道。
曲がりくねった小道が、ゆったりとした雰囲気を感じさせる。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント