FC2ブログ

舞岡散歩12月4日

雨が降ったり止んだり、さっきは雷鳴が聞こえていました。
気温は5℃、寒いです。
だいぶ引き延ばしましたが、今日は舞岡公園の最後です。

昆虫の続きみたいなもので、ハラビロカマキリの卵嚢。
遊歩道脇の木の幹に付いていた。

チョウセンカマキリの卵嚢、今迄きれいな状態の卵嚢を見つけたことが無かったが、これはかなりきれいな状態。

道脇の木柵に発生していたヒイロタケ。
かなり時間がたって、カサの一部が退色して白っぽくなっている。
管口は非常に細かい。

タイワンリス、野毛山動物園で飼っていたものが、逃げ出して繁殖したものらしい。
横浜の北部にはまだ入っていないようだが、戸塚区から鎌倉方面にかけて非常に多く見られる。
生態系の攪乱を懸念されている動物の一種らしい。
ニホンリスと比べると、非常に大型。

ニシキギの実、谷戸から尾根に登る途中で見られた。
蛾類の若齢幼虫と思われるものが付いていたので、拡大撮影してみた。

小谷戸の里の向かい側付近で見つけた、サルノコシカケ科の一種。
倒木を引っ繰り返して見つけた。
細かいやすりの刃のような突起が一面に並んでいる。

水田脇から谷戸の奥を見た所、わずかに紅葉の名残が見られる。

瓜久保休憩所奥の紅葉。
日が陰ってしまったので、今一つ華やかさに欠ける。

瓜久保の奥から傾いた太陽を撮影。
このあと尾根までのぼり、舞岡駅に戻った。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント