FC2ブログ

「擬態する蛾」スカシバガ:有田豊・池田真澄 著

久しぶりに読んだ本のことを書きます。
かなり以前に発行された本ですが。

スカシバガ類は好きな被写体なので、興味は持っているのですが、なかなか入門書のようなものがなくて、時たま偶然に見つけたものを撮影するといった感じでした。
去年の甲虫学会の大会で、日本産のスカシバガ全般について紹介した本があったので、購入して読んでみました。
虫の紹介なので、小説的な面白さはいまいちでしたが、日本産の全種がカラー図版で図示されていること、種ごとの発生時期、採集法・生息環境や発見に至るエピソードなど、丁寧に分かりやすく書かれていて、実用面も含めて、大変参考になる内容でした。
非常にハチと紛らわしい生態の昆虫で、蛾屋さん以外にもファンは多い昆虫なので、これで裾野が広がって行けば、色々面白いことが判ってくるのではないかと思います。

発行年:2000年4月15日
発行元:むし社
定価:2800円(税抜き)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント