FC2ブログ

再びPCについて

2度ほど新しいパソコンについて書いてみました。
それほど追加もないかなと思ったのでが、使っているうちに、結構色々出てきたので、追加として書いてみたいと思います。
今日の朝、MacBookをのバッテリの残量を見た所、60%の表示だったので、今日外に持って行くので充電しようとしたら、緑のLEDが点灯して充電が進まない。
緑のLEDは充電完了の時に点灯するが、インジケーターは60%のまゝ。
早速ネットで検索した所、バッテリーの温度が10℃以下になると充電できないとある。
早速、暖かい所に移動して電源につなぐと、やっと充電のオレンジ色が点灯。
1つは無事に落着した。
パソコンは新しい物に買い換えると、自動的にスペックが上がるので、早くなるものだが、今回のOSX10.9は早くなった感覚がほとんどない。
特にFinderはもたつき感があり、マウスの反応などもかなり悪く感じる。
デュアルコアからクアッドコアにアップしたのだから、単純に考えると、相当早くなって当然に思えるが。
以下、ソフト的に気が付いたこともいくつかあるので、箇条書きにしてみる。

1.各ソフトに共通して現れる現象

ファイルを編集して保存しようとすると、

このようなエラーが出て、保存できなくなる。
これは画像取り込みのソフトだが、PagesやNumbersなどでも同様。
原因は、

ファイルのあるウィンドーを開いて、サムネイルが表示された状態だと、ファイルが使用されていると判断して、上書き保存がされなくなる。
対処方法は、選択を解除するかウィンドーを閉じること。
本体に光学ドライブが付いていないので、USB接続の外付けのドライブを付けた所、キーボードのイジェクトキーが使えないことが判った。
サイドバーのイジェクトマークをクリックするか、ディスクトップのメディアをゴミ箱にドラッグするかしかない。
もともと、外付けドライブに対応したキーではなかったようだ。

2.Pagesについて

貼り付けた表にデータを打ち込んで、エンターキーを1回押すと、以前のバージョンでは下のセルに移動できた。
同様にタブキーを押すと右のセルに移動できたのが、新しいPagesでは、セルの中に段落が出来たり、タブが挿入されるだけで次のセルに移動できなくなっている。
右のセルに移動する時は、command + returnで、いったんセルを選択してからタブ・下向きの矢印キーを押さないと移動できない。
古いタイプのiWorkで作成したワープロ書類がサポートされなくなった。
iWork'9まではPagesで開けたので、これで保存しておかないと永久に開けないままになってしまう。
もっとも、iWorkで表や画像を貼り付けたものは、このソフトがPages・Numbers・Kaynoteの3つのソフトに分割された時点で開けなくなっていたが。
特に、複数の画像や、テキストボックスなどをグループ化して貼り付けたものは、後になって互換性がなくなることが多いようにもう。
最近は、画像や表を貼り付けたファイルは、保存時に、グループを解除してから保存するようにしている。
それと、これは仮名漢字変換ソフトの問題でもあるが、文節の扱いが変更されていて、以前はマウスのダブルクリックで、連続するカタカナなどが、一括して選択できたのだが、そうではなくなっている。
例えば「ダブルクリック」という単語を選択しようとすると、以前はダブルクリック1回で選択できたものが、ダブルを選択して、クリックまでドラッグして選択しなければならない。
これはひらがな、漢字の連続の場合も同様。
地名などの正式名称の場合は、意外と面倒だ。
それから、立ち上げた場合に、特定のテンプレートで立ちあがるように設定すると、テンプレートセレクタを呼び出せなくなるので、わざわざ設定を変更しないと別のテンプレートを使えない。

3.iPhoto

10.7からだが、PICTファイルがサポートされなくなった。
拡大表示すると、画像が表示されないか、非常にぼやけたイメージしか表示されなくなる。
PICTファイルをJPEGに変換しての書き出しも出来なくなっている。
これは「プレビュー」でも同様で、画像・サムネイルが表示されない。

位置情報のない写真にも、位置が設定できるが、10.6までは画像を選んで、右下の「i」マークをクリックするとポップアップ・ウィンドーの地図が表示されて、ウィンドーの大きさも変更できたので、周辺の位置との関係で特定しやすかったが、10.7以降は画像の右下にある、小さな地図で作業をしなくてはならず、地図の位置も大きさも変えられない(縮尺は変えられるが)ので、使い勝手は著しく悪くなっている。
ただ位置情報を追加する機能があるというだけになっている。
実際問題としては、全く使い物にはならない。

4.Numbersについて

新しいファイルを作って新規保存しようとすると、

このメッセージが出て新規保存が出来ないことがあった。
いつも起こる現象ではないが、保存できたり出来なかったりする。
原因は、拡張子の表示されない書類を保存できないと言うことらしいが(ネット検索による)、新規の書類が保存できないソフトにお目にかかったのは初めての経験。
しかも、自動保存のオプションは使用していない。

5.他社製ソフトについて

FileMaker Pro'12
ファイルメーカーから、Safariへのテキストのドロップが出来なくなった。
Safariからのドロップはできる。
Pro'13にバージョンアップすればよいのかも知れないが、意外と使い勝手に影響する。
MagicalFinder(IOデータ社製・ランディスク設定ソフト)
このソフトが立ちあがらなくなった。
起動途中で終了してしまう。
同じバージョンのMacBook Pro(購入時は10.7)では起動するので、ソフトの問題ではなくて、ROMのバージョンの違いなのかも知れない。
設定変更や、ファームウェアのアップデートなどは、MacBookで行っている。
特にPagesの問題がわかったので、動きが怪しげになった10.6の古いiMacも、当初は処分しようかと思っていたが、しばらくは(多分壊れるまで)残しておくことにした。
古いファイルを保存し直さなければならないので。
最後に、笑い話的だが、マニュアルをよく読まなかったせいでもあるが、新しいiMacにはSDカードスロットがないと思い込んでいた。
ところがシステム情報を見ている内に、SDスロットの情報が出て来たので、探してみた所、本体の背面、USBポートの横に付けられていることが判った。
側面が薄くなったとは云え、厚み的には設置可能だと思うが、何故背面に隠れるようにして付けられているのだろうか。
appleの開発者達は、パソコンの背面に手を回して、SDカードを差し込んでいるのだろうか?
横か前に取り付けてくれれば、そんな曲芸的な技も必要ないと思われるが。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント