FC2ブログ

ナシ・ブンクスの食べ方

以前に一度紹介したことがありますが、日本の弁当にあたるような食べ物が、ナシ・ブンクスです。
雑貨店などでも売っていることがありますが、一般的には、個人個人が売り歩いていることが多いです。
値段は3,000-5,000ルピアほど。
日本円で30-50円弱ほどが一般的です。
量はやや少なめで、軽い食事といった程度。
片面がコーティングされた、やや厚手の紙にご飯とおかずが、三角形に包まれているものが多いです。
元々はバナナの葉で包まれていたもののようですが、今はバナナに包まれたものは、ほとんど見かけなくなっています。
食堂などでも、持ち帰りたい時は「ブンクス(包んで下さい)」と言えば、持ち帰ることが出来ます。
ちなみに「コタック」というものもあり、これは紙の箱に入れたもので、基本的には同じものです。
今回紹介するブンクスは、今年の4月にウブドで食べたものです。


量が少なかったので、ブンクス2個と、サユール(野菜を調理したもの)を購入しました。


ホテルの調理場で、皿を借りてきて、包みを開けたところ。
おかずとの間にバナナの葉が敷いてあって、ご飯がべとつかないように工夫されている。


間のバナナの葉を取り除く。


袋に入ったサユールを乗せて、ご飯と混ぜ合わせながら食べる。
同じ様なメニューが多いが、売り子によって味が異なり、結構楽しめる。
安ホテルの朝食は、メニューが少なく、長期滞在していると飽きてくることが多いので、時折、目先を変えた食事がしたい時には手軽な一品。
これにホテルの朝食の、コーヒーとフルーツサラダを頼めば、結構ちゃんとした朝食になる。
あまり外れがないのも良いところだ。
ただ、一般的には、かなり辛いものが多いので、辛いものが苦手な人にはお勧めではない。
レストランなどで、ブレックファーストを食べると、けっこうな値段になる。
宿泊費の高いリゾートホテルなどでは、豪華な朝食バイキングが提供されるようだが。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント