FC2ブログ

ルビー海岸の10年

ルビー海岸はインド洋に面した海岸で、ギャニャールの南に位置する。
海岸の減少がもっとも目立つ場所で、ここ10年あまりの間に10m以上後退してしまった。
最初に撮影したのは2001年。


2001年に撮影、この頃は波も比較的穏やかで、水辺で子供達が遊んでいた。
沖に見えるのはプニダ島。
悪魔が住む島と言われている。


2004年、この頃もまだ砂浜が、比較的良く残っていた。


2007年、砂浜がかなり後退してしまった時期だが、海辺を散歩する人たちがみられた。


2008年、波で破壊されたワルン(食堂)の残骸。
建物の向こう側の海岸付近で、サーフィンをする人たちがみられた。


2008年、海岸を駆け抜けるアヒルの一群。
左側に見えるのが、以前に海岸にあったワルン。
ワルンの位置が、年々奥の方に移動していた。


2008年、サーフボードと少年。




2012年に訪れた時は、立派な防波堤が出来ていたが、石の間から砂が流れ出してしまい、一部陥没している部分もみられた。


2013年に撮影。
堤防にウパチャラ(宗教儀礼)が行われた名残の、お供え物が散乱していた。
前年に陥没した部分は補修されていたが、時折は防波堤を越えるような大波も押し寄せてくる。


2014年、あまり変わってはいないが、堤防が東の方(画面の奥方向)へかなり延長されていた。
ここ10年ほどで、海岸が10数mほど後退してしまったようだ。
程度の問題はあるが、クタ海岸や北海岸でも、同様の現象は見られる。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント