FC2ブログ

ハネナガウンカ科

この仲間はウンカ類の中では、比較的大型の種類が多く、面白い形で静止しているので、比較的好きな仲間ですが、なかなか撮影機会がないグループです。
今迄に撮影した3種類の画像をまとめてみました。




2枚とも2014年7月17日、福島県いわき市。

ウスマエグロハネナガウンカ Zoraida  albicans  Anufriev,1968
分布:北海道・本州
発生期:6-9月
狭山丘陵では、コムラサキシキブと思われる植物の、葉裏に静止した個体を何頭か目撃している。
九州大学編纂の、日本産昆虫総目録(1989)には未掲載。


2013年10月13日、富山県射水市。


2014年9月17日、福島県いわき市。

アカハネナガウンカ Diostrombus  politus  Uhler,1896
国内分布:本州・四国・九州・屋久島・沖縄本島・石垣島
国外分布:朝鮮半島・中国・台湾
この仲間ではもっとも普通に見られる。
ススキの葉上に静止しているのをよく見かける。
幼虫もススキなどをホストとしているらしい。


2014年9月27日、福島県石川郡。

シロタエハネナガウンカ Pepleuca  candida  (Anufriev,1968)
分布:情報が少ないので良く判らないが、ネット検索では本州(関東以北)のデータが見られる。
生態なども良く判っていないようだが、林地性の種類のような気がする。
上の個体は林の中の落葉に止まっていたもの。
九州大学編纂の、日本産昆虫総目録(1989)には未掲載。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント