FC2ブログ

センダンヒメハマキ

バリ島で撮影した昆虫類を調べていると、偶然の機会に、種名が判ることがある。
比較的きれいな種類のことが多いが、今回紹介する「センダンヒメハマキ」もその一つだ。


キンタマーニのトヤブンカ村で撮影したもの。
羽の長さが1cm.ほどのごく小型の蛾だが、非常に特徴的な斑紋と色彩を持っている。
分布を調べてみると、インドからオーストラリアにかけて広く分布することが解った。
食草のセンダンの分布はまだ調べていないが。

ハマキガ科
センダンヒメハマキ Loboschiza  koenigiana  (Fabricius,1775)
国内分布:本州・四国・九州・伊豆諸島・小笠原諸島・対馬・屋久島・沖縄本島・石垣島・西表島・南大東島
国外分布:台湾・中国・インド・ミクロネシア・ニューギニア・オーストラリア
成虫出現期:7-9月
食草:センダン
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント