FC2ブログ

昭和記念公園・民家園

2月14日に行ってきた、立川市の昭和記念公園を紹介します。


バーベキュー・ガーデン付近で、草に止まっていたオレンジ色の毛玉。
鳥の名前はあまり知らないので、帰宅後に調べてみると、ジョウビタキだった。
目の前2mもないところで、逃げもせずに止まっていた。


当日の朝方は快晴で、雪で真っ白の富士山と、尾根部に雪が残った丹沢の山並が、林の木立の上に連なっていた。
やや風が強く、気温が低かったので、人出はやや少なめだった。

ウメの開花状況は、横浜や大船と較べると、やや遅めだったがそれでもチラホラ眺められた。

民家が見えたので、そっちの方に行ってみた。


母屋(上)と倉(下)の中に展示されていた雛飾り。

母屋の土間のあたりから見たところ。

土間に据えられた竈。
ときどき火入れをしているようで、焚き口の上の方が煤けている。
形は古いままだが、新しく作られたもののようだ。

母屋を西側から見たところ、西側の屋根が非常に低いところまで張り出していて、ちょっと変わった形をしている。
左奥に土蔵が見える。


倉の中(上)と長屋門(下)の裏手に置かれた、木製の脱穀機。

敷地の西側の端に祀られている祠。
高さ1mもないような小さな祠だ。

1時過ぎに、ボート池のすぐそばにあるレストランで、遅い昼食をとった。


食事のあと、池のまわりを散策しながら撮影。
目的のフユシャク類は、最後に2種、シモフリトゲエダシャクとヒロバフユエダシャクが見つかったが、別のところで紹介しているので、ここでは省略します。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント