FC2ブログ

「生命大躍進」展

少し前に、上野の国立博物館で開催されている、「生命大躍進」展を見てきましたので、紹介したいと思います。
会期が10月4日までなので、間もなく終了しますが。

展示は、カンブリア紀の大爆発直前の、エディアカラ動物群に始まり、カンブリア紀の化石を中心に展示してあります。
カンブリア紀のコーナーは、結構混み合っていたので、化石の写真は撮影していません。

アノマロカリスの模型。
手前に、実際の化石が展示されている。
最大1m以上になるらしいが、展示されていたものはやや小さめの、数十cm.ほど。
これを除くと、発見されている化石生物は、かなり小型のものが多い。
エディアカラは数点の化石が展示されていたが、こちらは思ったよりも大きい。

10数cm.サイズの三葉虫、「クセナサフス」の群集化石。
同じサイズのものが、集団で発見されることが多いと書かれていた。
前と後ろが、見分けにくいような形をしている。

カンブリア紀の後に続く、オルドビス紀やシルル紀になると、巨大化する生物が目立つ。
有名なウミサソリの化石。
この化石もかなり大きく、1m数十cm.はありそう。

非常に良好な状態の、ウミユリの化石。
ある種の美術作品のような美しさが感じられる。
地味ながら微妙な色彩が感じられる。

巨大な甲冑魚とウミサソリの、実物大のレプリカ。
ウミサソリが何となくユーモラスに見える。




奇妙な形の三葉虫たち。
棘の先端まで完全に保存され、表面構造も明瞭に判るような保存状態。
サイズも30cm.前後ありそうな、大型の種類が多い。

直径20cm.ほどの、中型のアンモナイトの化石。
殻の内部の隔壁の形状が、明瞭に見て取れる。

手の平ほどの大きさの、魚類の化石。
ウロコの光沢が印象的。

先ほどのレプリカを別の角度で撮影。

これも20cm.ほどの魚類の化石。
見やすいように絵の具で輪郭が描かれている。

アカントステガの化石。
水中から陸上に上がる直前の生物のようだ。
何となくオオサンショウウオ風の雰囲気を感じる。


ディメトロドンの全身骨格標本と、復元されたレプリカ。
恐竜以前の、最も有名な陸上動物かも知れない。
意外だったのは、背中の扇状の突起が、骨の間に張った膜質の構造ではなく、縦の隆起の並んだ骨の板だったこと。

草食恐竜のカスモサウルスの、骨格標本。
巨大恐竜ではないが、かなりの迫力がある。

ディニクチスの化石、食肉目のネコ型亜目というグルーブに属する。

プレシアダビス目、ほ乳類で、霊長類に近縁なグループのようだ。
研究者によっては、霊長類の祖先とされることもあるらしい。
見た感じ、コウモリと猿の合いの子のような感じがする。



ダーウィニウス・マシラエの化石、これがタイプ標本のようだ。
化石に愛称があるというのも、始めて知った。

ミュージアムショップで売っていた、ウミサソリの実物大の縫いぐるみ。
かなりインパクトがあった。

アンモライト、殻の部分が霰石に置き換えられて、このような構造色が見られるもの。
現在では、宝石として認定されているという。

最後に、敷地の隅に置かれている、シロナガスクジラのオブジェ。
当初は本物の骨格標本が展示されていたが、劣化が著しくなったために、現在のオブジェに取り替えられた。
会期は今週末までですが、一度見に行かれてはいかがでしょうか。
なかなか興味深い展示です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント