FC2ブログ

去年見つけた虫こぶたち その1

何度か虫こぶについて書いてきましたが、去年、いくつか新顔が見つかったので紹介したいと思います。
虫こぶについては、あまり知識がないので、名前と画像の羅列になります。
本当は、断面を撮って中の虫を撮影すべきなのですが、なかなか難しいので、虫こぶの写真だけになります。

ミザクラハベリフクロフシ

アブラムシ科
ミザクラコブアブラムシ Tuberocaphalus  misakurae  (Moritsu & Hamasaki,1983)
成虫出現期:3月-4月
2015年4月28日:神奈川県横浜市緑区四季の森公園
サクランボの出来るサクラの樹種に発生するもののようです。


サクラハチヂミフシ

アブラムシ科
サクラコブアブラムシ Tuberocephalus  sakurae  (Matsumura,1917)
2015年5月5日:神奈川県横浜市戸塚区舞岡公園
ソメイヨシノに多く見られ、市街地のサクラにも発生する。

クリメコブズイフシ

タマバチ科
クリタマバチ Dryocosmus  kuriphilus  Yasumatsu,1951
2015年5月30日:埼玉県入間市宮寺
いかにも虫こぶといった感じのもの。

ヨモギクキコブフシ

タマバエ科
ヨモギクキコブタマバエ Rhopalomyia  struma  Monzen,1937
2015年8月4日:福島県郡山市
ヨモギには、かなりの種類の虫コブガ出来るが、これもその一つ。
形も色彩も、けっこうきれいなもの。

クズハトガリタマフシ

タマバエ科
クズトガリタマバエ Pitydiplosis sp.
2015年8月5日:福島県郡山市
見つかるところと、そうでないところがはっきりしているが、発生する場所では大量に見つかる。

ニガクサツボミフクレフシ

グンバイムシ科
ヒゲブトグンバイ Copium  japonicum  Esaki,1931
2015年8月8日:山梨県南都留郡富士河口湖町
本栖高原で撮影したもの。
袋状の中に、グンバイムシの幼虫が入っている。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント