FC2ブログ

ツガサルノコシカケ

ツガサルノコシカケ
低山帯に多く見られ、各種の針葉樹に発生するが、特にモミに多く見られ根際に発生することが多い。
幼菌はカサの周辺が明るい黄色で縁取られていて美しい。



旧津久井郡津久井町で撮影。
モミと思われる古い立枯れに発生した幼菌。
下はカサの裏面。
非常に微細な管口が並んでいる。



八王子市美山町で撮影。
尾根沿いの衰弱したモミの根際に、多数の幼菌が発生していた。
このように多数が群生しているのはあまり見たことがない。

サルノコシカケ科 ツガサルノコシカケ属
ツガサルノコシカケ Fomitopsis pinicola
国内では北海道から九州までの各地、国外では北半球に広く分布。
針葉樹、特にモミ類によく発生する。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント