FC2ブログ

イガ・バカール(スペアリブ)

ウブドからモンキーフォレストと呼ばれる、プラ・ダラムを抜けるとニュークニン村に出ます。
村の中の道をまっすぐに抜けると、クタやデンパサールに通じる大きな道にTの字に交差している交差点に出ます。
そこを右方向に少し行くと道の向かい側に、「d'Waroeng」デ・ワルンというローカルな食堂だが、長期滞在の欧米人に人気のワルンがあります。



店構えはこぢんまりしたローカルな食堂です。
ちなみにローマ字の表記はオランダ語になっています。

入り口からのぞいたところ。
この辺のレストランなどと同じように、何枚かの絵画と工芸品などがレイアウトされています。
あまり座席数は多くありません。

店内には今日のおすすめメニューなどが書き出されています。
イガ・バカールとキノコのスープを頼みました。

左からキノコのスープ、イガ・バカール(スペアリブ)、ナシプティ(白飯)です。

キノコのスープ、以外とローカルな屋台風の味がしました。
キノコ、野菜、豆腐、炒めた紫タマネギが入っています。

メインのイガ・バカールです。
フライドポテト、ブロッコリー、ニンジンが付け合わせてあります。
バカールというのは焼いた(焼く)という意味のインドネシア語です。
これに飲み物のコーラをつけて50,000ルピアでした。
1円が110ルピア前後なので日本円で450円強です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント