FC2ブログ

ナカジロシタバ類の幼虫

去年、長崎県でナカジロシタバの幼虫を撮影した。
今年、三重県でナカジロシタバだと思って撮影した幼虫は、較べてみると、やや異なるので別種のように思える。




これが去年、長崎県で撮影したもの。
Webの画像などで見ても、ナカジロシタバの幼虫の画像と良く一致している。




これが今年、三重県で撮影したもの。
背面の大きめの黒い紋の位置が異なるのと、頭部に黒い縦の帯が入っているのが異なる点だ。
全体に黒っぽい印象を受ける。
同じ属の種類で、クマモトナカジロシタバという種類があるようだが、幼虫の画像を見つけることが出来なかった。
今のところ不明種としておきたい。
意外と、他人のそら似で、全く別の仲間かも知れないが。

その後、この幼虫はヤガ科シタバガ亜科のナカグロクチバの幼虫だと判明しました。
2020年4月28日、記事を訂正。

ヤガ科
ナカジロシタバ Aedia  leucomelas  (Linnaeus,1758)
国内分布:本州・四国・九州・対馬・屋久島・沖縄本島・久米島・伊江島・宮古島・石垣島・西表島・南大東島
国外分布:アジア・南大平洋諸島・オーストラリア・ヨーロッパ・アフリカ
食草:サツマイモ・ノアサガオ
成虫出現期:3月-10月
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント