FC2ブログ

ウブド・カジェン通り奥の水田

昨日は、部屋を出る時間が遅かったので、王宮の十字路を少し登った当たりにある、「グン・チュン」というバビグリン屋さんで、食事をしてから、カジェン通りに出て水田を散策した。
いつもとは逆に、学校の横を通って、初めて水田に突き当たってから、左方向に行き、バンガローなどの宿泊施設が出てくる辺りから、畦道を通って、旅行者のよく散策する、尾根上の細い道に出た。
この日も、結構な数の旅行者の姿を見た。
そこから道の両側の水田を見ながら、プリ・ルキサン美術館の近くに出るコースだ。
ラヤ通りに近づくにつれて、道はどんどん細くなり、最後は人一人通れるくらいの道幅になって、ラヤ通りに突き当たって合流する。
ゆっくり歩いても30分ほどの道のりだ。




畦道から、村道に取り付く当たりは、ちょっとだけ高低差があるので、ライステラスのようになっている。


昔のウブドを思わせるような、のどかな田園風景が見られる。


農作業中の村人の姿もちらほら。


各所に小さな祠が祀られている。




所々に住まいも兼ねた、作業小屋が見られる。
以前は、本当に屋根だけあるような、休憩するだけのものが多かったが、最近はちゃんとした家も多くなってきた。


ウブド側の、一番水田が広々と望めるところから。
この後、道は非常に細くなって、ウブド・ラヤ通りに向かって下って行く。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント