FC2ブログ

クタのパサール・スニ

昨日、クタのムラスティを見るために、2泊3日の予定でクタに来た。
昼前後は町中と、海岸付近を散策。
午後5時ごろから、夕暮れを見るために海岸へ出た。
昼食前に、海岸近くのパサール・スニを撮影した画像を紹介します。
パサールは、食料品や地元の人用の、衣料品や雑貨を商うところと、旅行者や商店が土産物や衣料品を買ったり、仕入れたりするところがある。
後者をパサール・スニと呼ぶことが多い。


軒先に吊り下げられた肩掛けバッグ。
デザインは同じようなものが多いが、色や模様は様々。


入口付近の広場に植えられたジュプン(プルメリア)の大きな木。
日本ではなかなか見られないサイズだが、このサイズのものは、バリ島では結構見ることが出来る。
店は路地の奥の方まで続いている。


壁一面に掛けられたシャツ。
こちらではよく見かける展示方法。


バイクの駐車場の壁にも絵が掛けられている。
右端のサングラスの男は、マフィアの有名なボス、アル・カポネの写真によく似ている。


壁に描かれた落書と、商品のバッグ類。


海岸の方から見たパサール。


店の様子、商品がぎっしり並べられている。
見ているだけでも面白い。
値段は特になく、旅行者と見ると、法外な値段を言ってくる人も多いので、値段の交渉が必要になる。
気に入らなければ、他の店に行って探せばよい。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント