FC2ブログ

プリアタンのプラ・ダラム・グデのオダラン

4月25日から、プリアタンのプラ・ダラム・グデ寺院で大きなオダランがあると聞いたので、まだ準備段階だが、散策のついでに行ってみることにした。
モンキーフォレスト通りから、プンゴセカン・ラヤ通りに出て南下し、アルマ美術館の南の、ガソリン・スタンドのある交差点を、ゴアガジャ方面へ行く。




プリアタンとプンゴセカンの境目に当たる、橋の所に仮設の割れ門と、大きなオダランの際に作られる男女の像が設置されていた。
橋を渡り、さらに進むとプリアタンのT字路に出る。
T字路を左に曲がり、今度は北上すると、間もなく幼稚園とワンティランが左手に出てくる。
学校がいくつか集まっている場所の奥に、ダラム寺院はある。


寺院への道の入口から奥を見ると、横断幕が張られ、左右にプチャランをかたどった、大きな像が置かれている。


祠にも布がまかれ、前に祭壇がしつらえられている。




入口の左右に置かれた、プチャランの像。
ちょっとユーモラスな表情を浮かべている。


墓地に置かれた祠にも布がまかれ、小さな祭壇が作られていて、供物が置かれていた。


お寺の裏側に回ると、4色の日傘が立てられているのが見えた。


墓地の辺りから見た、境内にそびえるガジュマル。
手前の火葬台の所にも、祭壇が作られている。


墓地を挟んで、反対側にサッカー場の広場があるが、そこにも大きな祭壇のようなものが作られていた。
聞いたところによると、50年祭と言うことだそうで、かなり規模の大きな祭礼になるようだ。
旅行日程の都合で、25日まではいられないので、オダランを見ることが出来ないのが残念。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント