FC2ブログ

オゴオゴ その1

ニュピ・ニュピ前日のオゴオゴも終わってしまいましたが、今年のオゴオゴの画像を紹介したいと思います。
今年はいつも見ているウブドが、オダラン(寺院の祭礼)のためにオゴオゴを中止したので、どこに見に行くか決めるべく、あちこち見て回りました。
とりあえず製作中のものを探しながら、散歩してきました。



16日ウブドの南側に位置する、プンゴセカン村で見つけたものです。
大きなものは足場を組んで作ります。
上の写真で、足場の左側に顔の部分がありますが、顔は当日になって取り付けることが多いです







16日、プリアタン村のバンジャル・トゥブサヨのワンティラン(集会場)で製作されていたものでほぼ完成している。
最近は数日前から頭を取り付けることが多くなっている。
オゴオゴにはかたどったモデルにあたる、悪霊が乗り移るとされているので、当日に完成させて、オゴオゴの行進が終わった後、焼き捨てるのが習わしだったが、最近はニュピの後でも道ばたなどに展示しておくことも多くなった。
去年などは値段をつけて売り出しているものもあった。






これも16日に撮影、パダンテガル村で作っていた、巨大な豚のオゴオゴ。
残念ながら完成したものは見ていない。

パダンテガル村で当日に写したもの。
竹で組んだ台座に固定すれば完成です。
この後道ばたや広場に完成したものを集めて展示する。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント