FC2ブログ

赤道ギニア共和国:1978年シリーズ

国名:赤道ギニア共和国 Republica da Guine Equatorial(Republic of Equatorial Guinea)
通貨単位:EK(エキュール)

シリーズ構成:単片16種(連刷シート1種)
発行年月日:1978年(詳細不明)

スコットカタログ:未掲載

蝶・蛾類以外の昆虫を描いたシリーズ。
昆虫の名称として、スペイン語名のみが記されている。
種名はスペイン語名で追っていって、ほぼ妥当だと思われるものを採用しているが、不確実な部分も多く暫定的なものと持って頂いたほうが良いかと思います。
このあたりになると、スコット・カタログでも、載っていたりいなかったりで情報は非常に不確実です。
1970年代前半から中頃にかけては、かなり簡素化された記述になっています。
連刷シート以外に、単片でも発行したのかどうかは分かりませんが、用紙に厚手のものと薄手のものが見られます。

スペイン語名:Ditisco:エゾゲンゴロウモドキ Dytiscus  marginalis  Linnaeus,1758
スペイン語名の Ditisco はゲンゴロウ類を指す言葉のようだが、前胸背板の縁取りはゲンゴロウモドキのようなので、広く分布する本種の名前を当てた。
図案は、どのように選定されたのかは不明だが、欧米に産する種類が多く、アフリカに分布するものはあまり入っていないように思える。

スペイン語名:Dorifora:ヨーロッパヒゲコガネ Polyphylla  fullo  (Linnaeus,1758)
スペイン語名は「コロラドハムシ」を表すもののようだが、図案はヒゲコガネ属のものなので、ヨーロッパに分布する種の名前を当てておいた。

ハンミョウ属 Cicindela  silvicola  Dejean,1822
これは学名が記されていたので、その種名を採用した。

スペイン語名:Saltamontes:バッタ科 Brachystola  magna  (Girard,1853)
スペイン語名はバッタ類一般をさす言葉だが、Domfil,1996では根拠は不明だが Tettigonia  viridissimaの種名を当てている。この種はキリギリス科に属するもので、図案とは合わないので、比較的図案と一致する上記種名を当てた。

スペイン語名:Mariquita:ナナホシテントウ属 Coccinella  novemnotata  Herbst,1793
サカハチテントウ Hippodamia  convergens  Guerin-Meneville,1842
スペイン語名はテントウムシ一般をさす言葉だが、左の種類は北アメリカ産の上記の種と比較的一致するがやや不確定。
右の種類は、サカハチテントウと一致するので上記のようにしておく。

スペイン語名:Hormigas carpinteras:オオアリ属 Camponotus  leonardi  Emery,1889
スペイン語名はオオアリ属 Camponotus属の全体を指すようだが、上記の種類が比較的似ているようなのでこれを採用した。
種名はかなり暫定的で Camponotus sp.としておくほうが良いかも知れない。

スペイン語名:Saltamontes de Africa Occidental:オオヨコバイ亜科 Graphocephala  coccinea  Forster,1771
Saltamontes de Africa Occidentalと書かれている。Saltamontes はバッタ類を表す言葉のようだが、飛び跳ねる昆虫類一般をさすのかも知れない。
図案から判断すると、上記の種が良く一致するので、この種名を当てておく。

スペイン語名:Necroforo  americano:アメリカモンシデムシ Nicrophorus  americanus  Olivier,1790
Necroforo  americanoと記されているが、本種のことと思われる。

スペイン語名:Luciernaga:ゲンジボタル属 Luciola  sp.
Luciernaga は発光するホタル一般を表す言葉。種名の特定はできなかった。

スペイン語名:Chinche de la Fruta:カスミカメムシ科 Miridae  sp.
Chinche de la Fruta はフルーツを食害するカメムシ類をさす。
種名の特定はできなかった。
図案から判断して、とりあえずカスミカメムシ科としておく。

スペイン語名:Sirex  gigante(スペイン語化された学名):カラフトキバチ Urocerus  gigas  (Linnaeus,1758)
Sirex  gigante アフリカ北部で、森林害虫として注目されている種類。 

スペイン語名:Cigarra:セミ属 Cicada  plebeja  (Scopoli,1763)
Cigarra、セミ類一般を表す。
Domfil,1996では上記の種名を採用しているので、これを使用したが不確実であろう。

スペイン語名:Abejorro:セイヨウオオマルハナバチ Bombus  terrestris  (Linnaeus,1758)
Abejorro、マルハナバチ類をさす言葉。
図案から判断して、上記の種名を当てた。

スペイン語名:Cucaracha:ワモンゴキブリ Periplaneta  americana  (Linnaeus,1758)
Cucaracha、ゴキブリ類全般を表す。
図案から判断して、熱帯地方に広く分布する本種に当てた。

スペイン語名:Hormiga roja:ヨーロッパアカヤマアリ Formica  rufa  Linnaeus,1761
Hormiga roja、これもアリ類のあるグループを表すようだが不詳。
Domfil,1996では、この種名を当てているので、とりあえず採用した。

スペイン語名:Ciervo volante:ヨーロッパミヤマクワガタ Lucanus  cervus  (Linnaeus,1758)
Ciervo volante、クワガタムシ類全般を表す。
これもDomfil,1996に従った。図案からするとミヤマクワガタ属のようだが疑問あり。

16種憐察シート
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント