FC2ブログ

赤道ギニア共和国:1976年シリーズ

このシリーズはDomfil,1996では、1979年の発行となっているが、印面に印刷された消印では01-6-76となっているので、これを採用した。

国名:赤道ギニア共和国 Republica da Guine Equatorial(Republic of Equatorial Guinea)
通貨単位:EK(エキュール)

シリーズ構成:8面連刷シート1種(単片ごとのシートが存在するのかは不明)
発行年月日:1976年6月1日

スコットカタログ:未掲載(2006)

切手に書かれた種名は、学名と俗称が混在しているので、それをもとにして検索し、ある程度妥当だと思われるものを採用しているので、間違っているものもあるかも知れない。
いちおうの目安として、判断して頂きたい。

オオムラサキシジミ Atlides  halesus  (Cramer,1777)
印面には 「Great Purple Hairstreak」と記されている。
上記学名は、これによって検索した結果で、実際に合っているかどうかは、図案化された画像からは判断しかねる。

エクセルシオールウズマキタテハ Callicore  excelsior  (Hewitson,1857)
印面には Catagramma属で記されているが、現在は Callicore属に移されているようなので、そのように変更した。

テングチョウ Libythea  celtis  (Fuessly,1782)
これは図案から判断しても、問題はないものと思う。

アカマダラ Araschnia  levana  (Linnaeus,1758)
記されている学名を、そのまま採用した。

コンマキタテハ(仮称) Polygonia  comma  (Harris,1842)
記されている種名は Nymphalid comma、検索で、上記の種名に当たると思われるので採用した。
日本に分布する、シータテハに似た種類のようだ。

アドニスヒメシジミ Pollyommatus  bellargus  (Rottemburg,1775)
印面に記された Lycaenid adonis blue で検索したところ、上記の種名がヒットしたので採用した。
これも正確かどうかの判断はできない。

オオムラサキアゲハ Chilasa  paradoxa  paradoxa  (Zinken,1831)
印面に記された種名は Papilio属になっているが、現在はマネシアゲハ属に移されているので、属名を変更した。

アメリカコヒオドシ Aglais  milberti  (Godart,1819)
印面に記された種名を採用した。

8種連刷シート

Malabo:7-Apr-1979FDC-1

Malabo:7-Apr-1979FDC-2
初日カバーの画像を追加します。
各4種貼付されていますが、共に8面シートから切り取ったようなので、1種ごとのシートはないように思われます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント